日本茶と日本酒 そしてワインを楽しむための和食を

11月のお知らせ

【最新のお知らせ】

秋の食材「天然舞茸」「のどぐろ」「鮑」

ほうじ茶で炊いた大根煮は脱水したのどぐろと一緒に。

鮑は秋のキノコとともに36年物の古酒煮込。当店にしかない旨みです。

道産お肉は白老牛と旭川無菌豚

白老牛のパイと無菌豚のローストは大胆に和食のコースでも単品でも。

イタリア人のジョバンニさんのチーズ

日本酒好きもワイン好きにも受けのいい人気の道産チーズを、
京都の職人が天麩羅に。お試しください。

タマゴサンドの魅力

二軒目、そしてお土産にうれしい一品のわけは
出汁留と呼ばれる技法で焼くのが秘訣です。

11月の定休日

4㈰ 11㈰ 18㈰ 25㈰

【電話番号】
011-272-6055

【営業時間と定休日】
夕方6時~翌2時

ラストオーダー1時
※温かいお料理とおみやげは10時
※酒肴やチーズは翌1時

【定休日】
毎週日曜日
※定休日の営業はご相談ください。
※祝日
は営業。(月曜振替休)

【個室】
改装した椅子席でご用意しております。

※おふたり様~10名様まで。

【喫煙】
分煙

  • 瓶ビールを飲む。

    夏のはじまりに飲むビールは小瓶にかぎります。 近所の、お住まいと一緒になっているはずのスナックのあけっぱなしの入り口、その薄のれんが宵の風で呼吸するようになる頃、ひとりでうかがう小瓶がおいてあるカウンターくらいの小料理屋 …

    続きを読む...

  • 稚鮎を食べる。

    こうしてもう、かれこれ8年以上毎日食べ物屋をやっていると食べ物に困る、 ということは決してないのですがせっかくの休みに何を食べるか、ということにあぐねることは多々あるわけです。 ここ最近なら――とくに陽の長くなりはじめた …

    続きを読む...

  • お酒、ワイン、ビールのご紹介。

    ケナルデル。 「ワインとしても飲めるシャンパーニュ」造りを目指しているだけあり 大ぶりなグラスで飲んでいただきたいです。 ゲミシュターサッツ、という混醸ワインです。 説明すると長くなります。オーストリアです。ぜひ。 山梨 …

    続きを読む...

  • 鴨とタンポポ

    春はそこまで。 といえばはっきり言って嘘になる。 3月上旬はそんな天気の悪さがつづいていますが 自然にさからっても仕方がないと、 昼には、春を待ちながら温めていた仕事をすこしだけしています。 京都で長く修業していた当店の …

    続きを読む...